コレステロールを無理なく下げられる健康飲料を御紹介!

コレステロールを下げるための手段は、処方薬やサプリメントばかりではありません。
コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できる飲料によってもある程度はLDLや脂質をおさえることができます。

とくにLDLを下げるのに効果的とされる飲料の代表としては、コーヒーが挙げられます。
コーヒーに豊富にふくまれるカフェインやクロロゲン酸にはLDLのはたらきを抑制する作用があり、毎日適量を飲みつづけることでLDLの上昇をゆるやかにし、高脂血症や動脈硬化などのリスクを下げることができると考えられています。
ただし、カフェインには脳を覚醒させる作用があるため、健康効果を高めたいからといって毎日大量に摂取するのはやめておきましょう。

コーヒーとならんで身近な飲み物として知られる麦茶にも、LDLをおさえてくれる効果があると言われています。
麦茶の香り成分であるアルキルピラジンにはGABA(アミノ酸の一種)が含まれているとされており、GABAの効果によってLDLを下げてくれることが医学的に実証されています。
また、麦茶には血液をサラサラにしてくれる効果もあると言われており、GABAとの相乗効果によってより効率よくLDLをコントロールできると期待されています。

健康飲料としてテレビなどでも度々取り上げられている杜仲茶やプーアル茶も、LDLをコントロールするために飲みつづけたほうが良いと言われています。
杜仲茶にはゲニポジド酸、プーアル茶には緑茶と同じカテキンが含まれており、どちらを飲んでもLDLのはたらきをおさえることができ、高脂血症の予防につながります。
杜仲茶には脂肪の燃焼を助ける効果があるため、LDLをおさえつつ脂肪を燃えやすくし、よりバランスのとれた体に近づけることができるため一石二鳥だと言われています。

飲み物によってLDLをコントロールすることも大切ですが、それぞれの効果をあまり過信しすぎない、ということも重要なポイントのひとつです。
結論から言うと、飲み物だけでLDLをコントロールしたり、高脂血症や脳梗塞などを完全に予防したりすることはできません。
飲み物やサプリメント、代替食品などはあくまで補助アイテムであり、専門医の指導管理にもとづいて処方された医薬品をベースにして治療を進め、継続的に経過を観察していくことが基本的なアプローチとなります。

飲み物だけ、あるいはサプリメントだけで高脂血症を治療するのではなく、専門医との二人三脚によって長いスパンで症状をやわらげていくことが何よりも大切と言えます。